ホーム > 血液オゾン療法

血液クレンジング(血液オゾン療法)


血液クレンジング(血液オゾン療法)とは…

患者様より採取した血液を医療用オゾンガスと混ぜ合わせ、再び点滴で戻す自家血療法です。短時間で身体の不調を改善させるだけでなく、長期的には免疫力を高める病気予防が期待できる療法です。

身体のどこに効くのでしょう…

基本的には万病に効くと言われます

まず患者様ご自身の血液の色が、黒い赤から、鮮やかな赤へと変わるのをご覧いただけます。さらに体内から採取されたドロドロの血液が、サラサラと流れて再び体内に戻るのがわかります。
身体中をめぐる血液の浄化改善は、どんな不調にも良い効果を与えるのです。
効果
美容効果

美肌・美白効果が高い

細胞が活性化され、ホルモン刺激により身体の調子を整え、ハリツヤが出ます。
疲労回復

デトックス効果が高い

老廃物の排出を促進するだけでなく、サラサラになった血液は身体の隅々まで栄養素を循環させます。
病気予防

体内改善による予防効果

血液の浄化により、自然と体内の環境を変え、免疫機能を活性化させます。成人病やガンなどの難病予防から、肩こり、腰痛、冷え性の改善など様々な効果が期待できます。※効果は個人差があります。

「血液クレンジング(血液オゾン療法)」はなぜ身体によいのでしょう…

人間の静脈血には老廃物が集められ、赤黒くドロドロした状態です。
この血にオゾンを決められた分量で混ぜると、過酸化脂質代謝物(LOP)という物質になります。
次にLOPより、まず血液中の酸素受容体である赤血球が、酸素を受け取ります。
するとこの血液は、各臓器、血管などに伝わり一時的な過酸素状態になります。
身体的には「視界が広がる」、「体が軽くなる」感覚となります。

その後、過酸素状態を打ち消そうとして「尿酸、アスコルビン酸、グルタチオン、メラトニン、ウロビリノーゲン」などの活性が数時間で高まってくると思われます。
結果、副交感神経系が優位な状態となります。
「眠気、瞳孔の収縮、涙腺分泌、唾液腺分泌」などが起こり、深い眠りと免疫力がアップして体質改善につながると言われています。
15,000名の実績
「血液クレンジング(血液オゾン療法)」を取り入れて3年、のべ約15,000名の方に施術してまいりました。そして現在もなお、1か月約400名の患者様が「血液オゾン療法」を求めて通院されております。

「血液クレンジング(血液オゾン療法)」を必要とされる患者様は年々増加傾向にあることをふまえ、当院は「血液オゾン療法センター」をスタートさせました。

「オゾン療法」ではその方にとって、混ぜ合わせる最適なオゾン量の見極めが重要です。
多すぎても少なすぎても効果は期待できなくなります。
さらに血液の採取には通常より太い針を使用しますのでキャリアも必要です。
「血液オゾン療法」の技術は知識だけではなく、経験も大きな要素となるのです。
男性も多く活用
「血液オゾン療法」利用者の男女比は5:5。
美白美肌効果を期待するのは確かに女性が多いのでしょう。
しかし健康を維持することや、疲労回復、加齢による身体の痛みの改善については、男性の意識もとても高いのです。
改善が期待できる症状
  • 肩こり
  • 痛風
  • 若返り<美白・美肌効果、老化防止>
  • 腰痛
  • 日常の疲労
  • 万病予防<成人病、糖尿病、ガンなど病気予防>
  • 冷え性

当院の設備

特徴
特徴
  • 真空、オゾン注入、血液回収が自動で行えます。
  • 血液の流れ方によって、細かい設定が可能です。
  • オゾンを適正量で自動的に停止する安全装置もついています。

治療方法

1. 約100ccの採血

2. 医療用オゾンと混ぜ合わせます

◎このとき血中の酸素飽和度を最大限に増やし、浄化します

3.浄化された血液を体内に戻します

◎採血~終了まではたった15分
 ※初回のみ、上記の前にG6PD検査時間がプラス15分かかります

※血液クレンジング(オゾン療法)の歴史
「オゾン療法」は医療先進国のドイツではすでに保険適用になっている療法です。1万人を超える医師により、年間100万人以上に施術されています。
1900年台にドイツで装置が開発されるとイギリス、ロシアをはじめとする欧州で広く知られるようになりました。

注意事項
  • 基本、副作用もデメリットもございませんが、事前にG6PD検査が必要です。(¥5,500)
    ※検査で不可の場合、溶血が起こりますので1回目は必ず検査を受けるか、他院での検査結果を持参してください。
  • 健康な方の場合、一時的にだるくなることがあります。
  • 2〜3時間後に、身体が温かく感じることがあります。
  • 血圧が下がることがあるので、低血圧や血圧の薬を飲んでいる方は医師に相談してください。
  • 飲酒後は、身体があつくなり、いつもより酔いがまわることがあります。
  • 「各種点滴」はオゾン療法が先になりますので、希望の方は初めに申し出てください。
    ※「高濃度ビタミンC」点滴は先に行うと、オゾン療法と互いに効果が相殺されてしまいます。
<禁忌>
基礎代謝が亢進して、コントロールされていない甲状腺機能亢進症や、高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD欠損症も禁忌です。そのため、甲状腺機能亢進症の検査やG6PD欠損症の検査は必須です。
また、安全性を考慮して、妊婦に対しては血液オゾン療法は行わない方がいいでしょう。

 

がん治療・免疫治療

がんの再発、移転予防や増大防止について、明確なガイドラインはありません。
免疫力を上げることによって、好成績を残す人はありますが、あくまで民間療法の1つであり、根本的治療ではありません。
がん治療の流れ
  1. 主治医の意見、承諾
  2. G6PD検査
  3. 血液クレンジング + 高濃度ビタミンC(50mg以上)

メニュー料金

  
1回¥15,400
5回セット¥73,700
10回セット¥143,000

※初回のみ要検査 ¥5,500(G6PD検査代)別途必要となります。
※初診料別途¥1,800
※セット、返金不可